September 17, 2018 / 4:08 AM / a month ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルとNZドルは2年半ぶり安値付近、世界的な貿易巡る懸念が再燃

[シドニー/ウェリントン 17日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが2年半ぶりの安値付近で推移。世界的な貿易を巡る懸念の再燃を受けた。

豪ドルは直近で1豪ドル=0.7151米ドル。先週は2016年序盤以来の安値となる0.7085米ドルまで値を下げた。

豪ドルは今年に入ってから8.6%下落しており、先進国主要通貨でワースト上位となっている。

NZドルは直近で1NZドル=0.6552米ドル。最近付けた2年半ぶり安値(0.6501米ドル)から遠くない水準となっている。年初来では7.6%安。

日本が祝日のため、流動性は比較的細っている。

トランプ米大統領は約2000億ドル相当の中国製品に対する追加関税について17日にも発表する公算が大きい。政府高官が15日、ロイターに明らかにした。

楽天証券のシドニー駐在アナリスト、ニック・トワイデール氏は「時期や規模、詳細に関して明確さをわれわれが求める中、関心が高くなる週となりそうだ」と述べた。

NZドルを巡っては、19日の乳製品入札、20日のNZ第2・四半期国内総生産(GDP)公表がリスク。ロイター調査によると、GDPのアナリスト予想平均は0.7%増。

豪国債先物は軟調。3年物が0.5ティック安の97.945、10年物が1.75ティック安の97.365。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below