September 21, 2018 / 4:48 PM / 3 months ago

米政府、2回目の米朝首脳会談の実現に取り組み=国務長官

[ワシントン 21日 ロイター] - 米国のポンペオ国務長官は21日、米政府は2回目の米朝首脳会談の実現に向け取り組んでいるとしながらも、「正しい状況」が確実に整うようまだやるべきことは残されているとの認識を示した。

ポンペオ長官はフォックス・ニュースのインタビューに対し「(米朝首脳会談の設定に向け)取り組みを進めているが、確実に正しい状況が整い、両首脳が大きな進展を得られる状態にするために、行うべきことはまだ若干残っている」と述べた。

同長官はこのほか、NBCニュースのインタビューに対し、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の再会談が「それほど遠くない将来に」実現することを望んでいると述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below