July 13, 2020 / 5:52 PM / 22 days ago

ロンドン株式市場=続伸、第2四半期決算に注目移る

    [13日 ロイター] - 
 <株式指数>             終値  前日比     %  前営業日  コード
                                                   終値  
 FTSE100種      6176.19  +80.78  +1.33   6095.41          
 
    
    週明けのロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。先週は週間ベースで値下がりし
たものの、市場の注目は間もなく始まる第2・四半期の決算発表に移った。ただ新型コロ
ナウイルスの感染件数が増え続ける中、リスク志向が抑制された。
    資源大手のリオ・ティントとBHPグループがFTSE100種の
主な押し上げ要因だった。両社は同業他社に先駆けて今月に四半期決算を発表する。最近
は銅を中心に金属が値上がりしており、資源大手の見通しが改善する一因となっている。
    第2・四半期決算は総じて、最悪の事態を映し出すとみられるが、市場は企業の見通
しに注目し、新型コロナの危機後の回復がどのような展開になるか手掛かりを求める。
    米国では一部の州で新型コロナの新規感染件数が過去最多を記録しているが、アジア
の株式相場も5カ月ぶりの高値に迫った。
    一連の金融・財政政策によりFTSE100種は3月の安値から約26%持ち直して
いる。ただ世界的に新型コロナの感染件数が増える中、7月は今のところ伸び悩んでいる
。
    英国の欧州連合(EU)離脱を受けた移行期間が年内に終了することから、双方の交
渉も再び注目を集めている。ゴーブ内閣府担当相は交渉が幾分進展していると話した。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below