January 24, 2018 / 5:36 AM / a year ago

上海外為市場=人民元は2年超ぶり高値、ドル安続く

[上海 24日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は、対米ドルで2年以上ぶりの高値に上昇した。ドルが引き続き下落した。

ドルは主要通貨バスケットに対する下げ足を強め、3年ぶり安値に下落した。主要6通貨に対するドル指数は、2014年12月後半以来初めて90を下回った。中盤時点で89.873と、前日終値の90.124から下落している。

ドル安の継続により、人民元は年初から約1.8%上昇した。ただ、最近の急速な元高により、市場では元高進行が急すぎるのではないかとの議論が出ている。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の人民元の対ドル基準値(中間値)を2年ぶりの元高水準となる1ドル=6.3916元に設定した。前営業日の基準値(6.4009元)と比べ93ポイント(0.15%)の元高水準。

スポット市場の人民元は6.3983元で始まった後、中盤時点で6.3900元で推移。これは前日終値に比べ184ポイントの元高、基準値に比べ0.03%の元高。

オフショア市場の人民元は6.3919元と、オンショアの水準に比べて0.03%の元安。

上海に拠点を置く国内銀行のトレーダーは、企業によるドル需要の増加により元の上値は抑えられていると分析。現在、6.39元が一時的な元の上値抵抗線になっていると述べた。

一部の国内市場参加者は、25日の欧州中央銀行(ECB)理事会の結果に注目している。

元人民銀副総裁の朱民氏は23日、「ロイター・グローバル・マーケッツ・フォーラム」で、中国は物価が依然落ち着いているため、政策金利を引き上げる余地は乏しいとの見方を示した。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.521元と、基準値に比べ1.98%の元安で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below