February 2, 2018 / 7:56 PM / 7 months ago

欧州市場サマリー(2日)

 (外為市場はNY外為市場リポートをご覧ください)
    [2日 ロイター] -    
 <為替>                     欧州終盤  アジア市場終  コード                                      
                                                  盤                               
 ユーロ/ドル                1.2444        1.2510                                              
 ドル/円                       110.39        109.76                                              
 ユーロ/円                     137.39        137.31                                              
                                                                                                  
 <株式指数>                     終値        前日比          %     前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種         388.07         -5.42       -1.38           393.49          
 FTSEユーロファースト3    1523.21        -21.13       -1.37          1544.34          
 00種                                                                            
 DJユーロSTOXX50種    3523.28        -54.07       -1.51          3577.35             
 FT100種                  7443.43        -46.96       -0.63          7490.39          
 クセトラDAX               12785.16       -218.74       -1.68         13003.90        
 CAC40種                  5364.98        -89.57       -1.64          5454.55         
                                                                                                  
 <金現物>                       午後      前営業日  コード                                      
 値決め                        1331.15       1341.35                                              
                                                                                                  
 <金利・債券>                                                                                   
 米東部時間14時54分                                                                               
 *先物                         清算値        前日比  前営業日終  コード                          
                                                              盤                   
 3カ月物ユーロ                 100.33          0.00      100.33                           
 独連邦債2年物                 111.83         -0.02      111.85                            
 独連邦債5年物                 130.33         -0.19      130.52                            
 独連邦債10年物               157.87         -0.73      158.60                            
 独連邦債30年物               159.28         -1.62      160.90                            
 *現物利回り                   現在値        前日比  前営業日終  コード                          
                                                              盤                   
 独連邦債2年物                 -0.538        +0.005      -0.543                                 
 独連邦債5年物                  0.021        +0.030      -0.009                                 
 独連邦債10年物                0.709        +0.057       0.652                                  
 独連邦債30年物                1.408        +0.061       1.347                                  
                                                                                                  
        
    <ロンドン株式市場> 4営業日続落して取引を終えた。週間ベースでは2017年
4月以来、約9カ月ぶりの大幅安となった。この日は決算が嫌気された通信大手BT<BT.
L>が売られたほか、一次産品銘柄が値を下げた。
     ロンドン・キャピタル・グループのジャスパー・ロウラー氏は「世界的に、リスク
資産から安全資産へ投資資金が流れている。英国だけの現象ではない」と述べる。
    BTは2.2%下落した。一時は5年ぶりの安値をつける局面もあった。第3・四半
期決算が売り材料だった。インターアクティブ・インベスターのリチャード・ハンター氏
は「卸売事業やグローバルサービス部門の業績が引き続き振るわない。年金制度の状況も
懸念材料だ。収益や1株当たり利益はまちまちで、予想をやや下回る」と指摘した。
    一次産品銘柄は部門別で最大の重しとなった。好調な米雇用統計を受けドルが上昇し
、ドル建て資産の金属価格が下がったことで鉱業株が売られた。石油大手も値を下げた。
BPは2.4%下落。BPが30%の株を保有するアケルBPの第4
・四半期利益が市場予想を下回った。
    一方、携帯電話サービス大手ボーダフォンは2.4%上昇。米メディア関連
会社リバティ・グローバルと欧州において事業交換の可能性を巡り協議を進め
ていることを追認した。
    外部委託のキャピタは2.3%上昇。モルガン・スタンレーが投資判断を「
アンダーウェート」から「イコールウェート」に引き上げたことが好感された。キャピタ
は今週、利益見通しを引き下げ配当を停止。株価が大幅安となっていた。モルガン・スタ
ンレーは投資家向けのメモで「キャピタは従来型のBPO(業務外部委託)企業として競
争力に欠けるとの見方は変わらない。同業他社と比べて株価が割安となっていることは妥
当だ。ただ今は株価が上がっており、投資判断をイコールウェートに引き上げる」とした
。
    
    ロンドン株式市場:
    
    <欧州株式市場> 続落して取引を終えた。投資家のリスク選好度が低下する中、S
TOXX欧州600種指数は週間ベースで約3.1%安となり、2016年11
月以来の大幅な落ち込みとなった。この日は決算が嫌気されたドイツ銀行が売
り込まれ、同業銘柄も連れ安となった。
    ドイツのクセトラDAX指数は1.68%低下。週間ベースでは2年ぶりの
大幅安だった。
    銀行株指数は1.11%低下。18年初めは、景気循環株が買われる中で好
調なスタートを切ったが、ここにきて低迷してきた。週間ベースでは6カ月ぶりの大幅な
落ち込みとなった。
    ドイツ銀行は6.2%下落した。取引時間中は17年11月以来の安値をつけた。1
7年の決算は3年連続で損失を出した。厳しい市況と投資銀行部門における収益の落ち込
み、米国の税制改革が打撃となった。第4・四半期決算は市場予想を下回った。
    スペインの銀行カイシャバンクとバンコ・デ・サバデルも四半期
決算が売り材料となり値を下げた。
    フィンランドのタイヤメーカー、ノキアンは7.0%下落。ロシア市場で
の売り上げが軟調だったことが嫌気された。
    
    欧州株式市場:
    
    <ユーロ圏債券> 1月の米雇用統計で賃金が前年比で2009年以来の大幅な伸び
となったことを受け、ユーロ圏金融・債券市場は米国債に追随する形で債券利回りが上昇
した。
    米国では労働市場が最大雇用状態に達する見込みで、賃金の伸びは物価上昇ペースが
上がるとの見方を後押しした。
    日興アセットマネジメントの首席世界ストラテジストは「非常に底堅い内容」と指摘
。「特に賃金指標は、近い将来インフレが加速することを示しており、債券にはマイナス
材料だ」と話した。
    ドイツ10年債利回りは一時、4ベーシスポイント(bp)上昇して0
.768%の高水準をつけた後、0.757%まで上げ幅をやや縮小した。
    米雇用統計を受け、英10年債利回りは7bp上昇して1.609%と
16年5月以来の高水準を記録する場面があった。
    米10年債利回りは2.854%と4年ぶり水準に上昇した。
    みずほのストラテジストは「米欧はまったく異なる力学で動いていると認識すること
も重要」と分析。「最終的に米国債がドイツ国債をアンダーパフォームし、両者の利回り
差は一段と拡大するだろう」と予想した。
    米国とドイツの10年債利回り格差は米雇用統計公表後、207bpまでやや拡大し
、過去有数の水準付近で推移した。
    
    ユーロ圏金融・債券市場: 

    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below