February 28, 2018 / 4:32 AM / 4 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドル・NZドル2週間ぶり安値近辺、FRB議長証言受け

[シドニー/ウェリントン 28日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルが対米ドルで2週間ぶりの安値近辺。米利上げペースが加速するとの見方から米国債利回りと米ドルが上昇した。

豪ドルの対米ドル相場は0.7791米ドル近辺で推移。オーバーナイトでは0.8%下落し、2月の安値(0.7759米ドル)に近付いた。この水準を下回れば、12月以来の安値圏に入る。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は27日の議会証言で、経済とインフレ見通しについて確信が強まったと述べた。これを受けてFRB当局者が3月の次回会合で、年内の金利見通しを引き上げるとの観測が高まった。

シティのアナリストは「パウエル氏の質疑応答を踏まえ、FRBの金利見通しが3月に年3回から4回にシフトする確率が、3回から2回にシフトする確率よりも高いと考える投資家が増えた」と指摘した。

先物市場では現在、年内3回の米利上げがほぼ完全に織り込まれている。実際にそうなれば、米金利はオーストラリアの金利を大幅に上回る。

豪ドルは、弱い内容となった中国指標にも圧迫された。2月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.3と前月から低下し、予想を下回った。

NZドルの対米ドル相場は0.7229米ドル近辺。パウエル氏の議会証言を受けてオーバーナイトでは0.9%下落した。

豪政府債先物は米国債に追随し下落。3年債は4.5ティック安の97.890、10年債は4.5ティック安の97.2100。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below