March 1, 2018 / 3:14 AM / 9 months ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルが対米ドルで2カ月ぶり安値、全般的な円高で

[シドニー/ウェリントン 1日 ロイター] - オセアニア外国為替市場では、豪ドルが2カ月ぶりの安値を付けた。国内指標がまちまちとなるなか、豪ドル/円が投機的な売りを受けて9カ月ぶりの安値まで下落したことが嫌気された。

豪ドルは0.5%安の1豪ドル=0.7724米ドル。今週に入ってからの下落率は1.5%となっている。

主因は幅広い通貨に対する円高。投資家は円ショートの手じまいを迫られている。

1日の豪ドル/円はさらに0.6%下落し、82.30円。オーバーナイトで既に0.9%値を下げていた。弱気派は昨年の2つの安値(81.69円と81.43円)を視野に入れている。

豪ドルはまた、きょう発表された豪企業投資指標を受けて値を下げた。第4・四半期の企業設備投資は市場予想の0.9%増に反して0.2%減となった。半面、第3・四半期は上方改定された。

ニュージーランド(NZ)ドルは0.3%安の1NZドル=0.71910米ドルと、2月9日以来の安値付近。ANZ銀行のエコノミスト、コン・ウィリアムズ氏は「NZドルの下向きバイアスは変わっていない」と述べた。

豪国債先物は堅調。3年物が1.5ティック高の97.905、10年物が4ティック高の97.2450。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below