July 9, 2018 / 5:55 PM / 4 months ago

ロンドン株式市場=続伸、英2閣僚辞任受けたポンド下落で

    [ミラノ/ロンドン 9日 ロイター] - 
 <株式指  終値     前日比  %     前営業   コード
 数>                              日終値   
 FTSE  7687.99  +70.29  +0.92  7617.70         
 100種                                   
    
    週明けロンドン株式市場は続伸して取引を終えた。英2閣僚が辞任したことでポンド
が下落し、ドルで収益を上げる国際的な銘柄が値を上げた。
    メイ英首相の欧州連合(EU)離脱計画に反発して8日にEU離脱担当相を辞任した
デービス氏に続き、ジョンソン外相が9日辞任した。
    ポンド安に伴いタバコのインペリアル・ブランズやブリティッシュ・アメリ
カン・タバコなどの国際的な銘柄が値を上げた。
    ただアナリストらは、政局不安はポンドを押し下げる効果があるものの、長期的に見
て株式相場にマイナスに働くと指摘する。
    政治的先行き不透明感を背景に国内銘柄は売られた。公益事業株の影響が大きく、水
道大手のセバーン・トレントはFTSE100種で最も軟調だった。また、EU
離脱が円滑に進まなかった場合に打撃を受けるとみられる不動産株も売られた。
    一方、英豪系資源大手BHPビリトンは2.6%上昇した。石油大手BP<BP
.L>がBHPの米国におけるシェール油・ガス事業を買収する見込みとの報道が好感され
た。
    鉱工業のアントファガスタは3.4%上昇。世界経済を巡る懸念が後退する
中で銅価格が反発したことが材料視された。
    原油高に伴い石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとBPも大きく伸びた。
    出前アプリを運営するジャスト・イートは2.4%高。RBCがトップピック
に指定したことが買い材料だった。
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below