July 24, 2019 / 6:48 AM / 24 days ago

日本電産、第2四半期当期利益予想を引き下げ 通期は据え置き

[東京 24日 ロイター] - 日本電産は24日、2020年3月期(国際会計基準)の第2四半期累計・連結業績予想(19年4月1日─9月30日)の中で、当期利益予想を従来の570億円から370億円に下方修正した。第1四半期におけるセコップ社のコンプレッサー事業売却で譲渡損失が発生したためと同社は説明している。

20年3月期の通期見通しは、売上高が前年比11.8%増の1兆6500億円、営業利益が同34.1%増の1750億円、当期利益が同21.8%増の1350億円と従来予想を維持した。

ただ、中国の景気回復動向や英国のブレグジット問題、イランなど中東の地政学リスクへの懸念もあり、引き続き、楽観できない状況が見込まれていると説明している。

リフィニティブが集計したアナリスト21人の営業利益の予測平均値は1821億円、当期利益予想(アナリスト20人)は1443億円だった。

田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below