January 8, 2020 / 5:33 AM / 11 days ago

中国・香港株式市場・前場=反落、イランの対米報復攻撃受け 香港は2週間ぶり安値

    [香港 8日 ロイター] -   
 中国                     前場終値     前日比         %         始値
 上海総合指数           3,087.1336  - 17.6679     - 0.57  3,094.2389 
 前営業日終値           3,104.8015                                   
 CSI300指数<.C     4,140.231   - 19.996     - 0.48   4,139.632 
 SI300>                                                   
 前営業日終値            4,160.227                                   
 香港                     前場終値     前日比         %         始値
 ハンセン指数           28,105.50    - 216.56     - 0.76   27,999.58 
 前営業日終値           28,322.06                                    
 ハンセン中国株指数<    11,101.54     - 97.21     - 0.87   11,073.75 
 .HSCE>                                                   
 前営業日終値           11,198.75                                    
   
    中国株式市場は反落して前場の取引を終えた。イランが8日未明、米軍が駐留するイ
ラクの空軍基地をミサイルで攻撃したことを受け、投資家の間に警戒感が広がった。しか
し、トランプ米大統領がイランのミサイル攻撃による被害状況の確認を進めており、8日
午前に声明を発表すると述べ、ツイッターに「万事順調だ!」と投稿したことから、下値
は限られた。
    上海総合指数前場終値は17.6679ポイント(0.57%)安の308
7.1336。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         前場終値は19.996ポイント(0.48%)安の4140.231。
    
    香港株式市場も反落し、2週間ぶりの安値をつけた。
    ハンセン指数前場終値は216.56ポイント(0.76%)安の2万810
5.50。一時12月24日以来の安値まで下げたが、その後はやや持ち直している。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       前場終値は97.21ポイント(0.
87%)安の1万1101.54。
  アンプル・ファイナンス(香港)のディレクター、アレックス・ウォン氏は「当初は
予防的にエクスポージャーを減らす動きが見られたが、その後買いが入り始め、急速に相
場が落ち着いた。中国はアウトパフォームするかもしれない」と述べた。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below