January 21, 2020 / 7:57 AM / a month ago

中国・香港株式市場・大引け=中国株2週間ぶり安値、新型肺炎の感染拡大で

    [香港/上海 21日 ロイター] - 
 中国                         終値     前日比      %        始値        高値        安値
 上海総合指数            3,052.1419  - 43.6454  - 1.41  3,085.7895  3,085.7895  3,051.2301
                                                                                          
 前営業日終値            3,095.7873                                                       
 CSI300指数<.CSI3   4,114.309   - 71.522  - 1.71  4,165.020   4,165.020   4,113.325 
 00>                                                                            
 前営業日終値             4,185.830                                                       
    
    中国株式市場は下落し、2週間ぶりの安値を付けた。新型肺炎の感染拡大への懸念が
重しとなった。
    中国湖北省武漢市で検出され、感染が広がった新型コロナウイルスによるとみられる
肺炎は、北京や上海などでも感染者が確認された。新華社によると、国家衛生健康委員会
は、人から人への感染を確認。武漢市の衛生当局は、4人目の死者が出たと発表した。[n
L4N29Q0YF]
    アンプル・ファイナンス(香港)のマネジングディレクター、アレックス・ウォン氏
は「春節休暇で多くの人が移動するため、感染が拡大するとの懸念が浮上している」と指
摘。「旅行関連株の売りが、他の銘柄にも波及している」と語った。
    上海総合指数の終値は43.6454ポイント(1.41%)安の3052
.1419。年初来安値を付け、米中の「第1段階」通商合意に伴う上昇分を削った。上
海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数<.CSI3
00>は71.522ポイント(1.71%)安の4114.309で引けた。
    航空、映画、カジノ関連株が下落。医薬品株は軒並み上昇した。CSI300ヘルス
ケア株指数は0.6%高。
    

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below