for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア株式市場サマリー:引け(2日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [2日 ロイター] - 
                                   終値     前日比         %       始値       高値       安値  コード
       中国  上海総合指数           休場          -          -          -          -          -         
             前営業日終値              -                                                         
       中国  CSI300指数       休場          -          -          -          -          -           
             前営業日終値              -                                                         
       香港  ハンセン指数           休場          -          -          -          -          -        
             前営業日終値              -                                                         
       香港  ハンセン中国株指       休場          -          -          -          -          -         
             数                                                                                  
             前営業日終値              -                                                         
       韓国  総合株価指数           休場          -          -          -          -          -         
             前営業日終値              -                                                         
       台湾  加権指数               休場          -          -          -          -          -         
             前営業日終値              -                                                         
         豪  S&P/ASX指    5791.50     -81.40      -1.39    5872.90    5872.90    5779.60         
             数                                                                                  
             前営業日終値        5872.90                                                         
 シンガポー  ST指数            2496.11      -4.63      -0.19    2500.34    2505.60    2469.12        
         ル 前営業日終値        2500.74                                                         
 マレーシア  総合株価指数        1500.30      +3.53      +0.24    1494.84    1501.85    1489.66         
             前営業日終値        1496.77                                                         
 インドネシ  総合株価指数       4926.734    -43.360      -0.87   4969.245   4972.823    4881.91         
         ア 前営業日終値       4970.094                                                         
 フィリピン  総合株価指数        5999.40     +54.53      +0.92    5942.15    5999.40    5924.86        
             前営業日終値        5944.87                                                         
   ベトナム  VN指数             909.91      -4.18      -0.46     914.09     916.67     897.72        
             前営業日終値         914.09                                                         
       タイ  SET指数          1237.54     -10.05      -0.81    1245.11    1246.78    1231.11         
             前営業日終値        1247.59                                                         
     インド  SENSEX指数       休場          -          -          -          -          -          
             前営業日終値              -                                                         
     インド  NSE指数             休場          -          -          -          -          -         
             前営業日終値              -                                                         
    
    東南アジア株式市場の株価はほぼ下落。トランプ米大統領が新型コロナウイルスの検
査で陽性だったことが響いた。シンガポール市場やジャカルタ市場などは取引序盤からマ
イナス圏で推移していたが、この報道を受けて下げ幅を広げた。
    シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI) は0.19%安の
2496.11、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.87%安の4926.7
34。トランプ夫妻が陽性だったとの報道で、11月の米大統領選をめぐる不確実性が増
したと受け止められ、この日の株式相場は世界的に下押しされた。域内通貨も対ドルで下
落した。
    ANZのアジア調査責任者クーン・ゴー氏は「市場はこの報道で反射的に売り状態と
なったが、これは無理もないことだ」と指摘。その上で「トランプ夫妻の容体が良好であ
る限り、こうした市場の動きは巻き戻されるだろう」と述べた。
    シンガポール市場は一時1.3%安、ジャカルタ市場も一時1.8%安まで下げた。
    こうした中、クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.24%高
の1500.30、マニラ市場の主要株価指数PSEiは0.92%高の5999
.40とプラス圏で引けた。
    クアラルンプール市場では、前日急落していたFGVホールディングスをはじめとす
るパーム油生産企業が反発。米当局は前日、強制労働の疑いを理由に、FGVからのパー
ム油輸入を禁止した。
    マレーシア政府は、他の農園も米国の輸入禁止対象になるとの見通しを示した。シメ
・ダービー・プランテーションも禁止される可能性について懸念を示したが、株価は前日
の5%超安から持ち直した。
    一方、フィリピン中央銀行は1日、市場予想通り政策金利を据え置いた上で、政府に
対する110億ドルの支援を承認した。
    バンコク市場のSET指数は0.81%安の1237.54で引けた。
    
    シドニー株式市場は反落して引けた。トランプ米大統領が新型コロナウイルスの感染
検査で陽性だったことを受け、下げ幅が加速した。オーストラリア国内の導入されていた
封鎖措置の緩和への期待感も、これに打ち消されることになった。
    OANDA(オアンダ)のシニア市場アナリストのジェフリー・ハーレー氏は「トラ
ンプ氏の新型コロナ陽性の診断は、マーケットにとって強力なマイナス材料であり、ディ
フェンシブな投資姿勢に向かわせることになるだろう」と指摘した。
    一方、豪州政府は、ニュージーランド出身の居住者に対し半年ぶりに、今後数週間の
うちに検疫を行わずに入国できるようにするという。
    投資家の間では、オーストラリア準備銀行(中央銀行)が来週決定する政策金利など
への注目が集まっている。
    2日のシドニー市場では、鉱業株指数が2%超安となり、最も値を下げた。
個別銘柄では、BHPグループが3.2%安、リオ・ティントが1.9
%安となった。
    金融株指数は1.3%安、ヘルスケア株指数も1.7%下落した。
    こうした中、バイオ医療のメソブラストは37.2%安と、S&P/ASX
200構成銘柄で下落率トップ。米食品医薬品局(FDA)が、急性移植片対宿主病(a
GVHD)の小児患者に対する治療に際して、同社のレメステムセルLの有効性を示す臨
床試験(治験)を追加実施するよう求めたことが嫌気された。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up