for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(2日)=小動き、米大統領選控え

[2日 ロイター] - アジア新興国通貨は米大統領選を控え小動き。人民元は0.1%高、インドネシアルピアは0.2%安。

米大統領選の世論調査では、民主党候補のバイデン前副大統領が支持率で全国的にトランプ大統領をリードしているものの、接戦が見込まれる激戦州の結果が勝敗を左右する。

ドイツ銀行のアナリストは、バイデン氏が勝利する確率がわずかにでも低下すれば、アジア通貨市場では大きな反応につながる可能性があるとし、ドルが上昇するとの見方を示した。

マレーシアリンギは横ばい。マレーシア中央銀行は3日の会合で、政策金利を据え置くと予想されている。

フィリピン市場は祝日で休場。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up