for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ユーロ圏金融・債券市場=独伊利回り2週ぶり高水準、米利回り上昇に追従

    [アムステルダム 30日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                
 米東部時間12時8                                               
 分                                              
 *先物             清算値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 3カ月物ユーロ     100.55     0.00      100.55         
 独連邦債2年物     112.09    -0.06      112.15          
 独連邦債5年物     135.00    -0.25      135.25          
 独連邦債10年物   171.00    -0.62      171.62          
 独連邦債30年物   205.18    -1.20      206.38          
 *現物利回り       現在値   前日比  前営業日終  コード
                                             盤  
 独連邦債2年物     -0.692   +0.019      -0.710            
 独連邦債5年物     -0.625   +0.033      -0.656            
 独連邦債10年物   -0.287   +0.032      -0.318             
 独連邦債30年物    0.271   +0.016       0.250             
 
        
    ユーロ圏金融・債券市場では、ドイツとイタリアの国債利回りが2
週ぶりの水準に上昇した。米国債利回りの伸びに追従した。
    米国ではニューヨーク州のクオモ知事が29日、新型コロナウイル
スのワクチン接種対象を30歳以上に拡大するほか、4月6日以降は1
6歳以上の全ての成人が接種可能になると表明。こうした中、バイデン
大統領は31日に3─4兆ドル規模のインフラ計画の資金調達について
発表する予定だ。
    市場ではさらなる景気回復や国債発行が意識される中、米10年債
利回りが1.78%近辺と1年2カ月ぶりの水準に上昇し
た。
    ドイツ10年債利回りは約5ベーシスポイント(bp
)上昇しマイナス0.258%。米国債との利回り格差は約200bp
と1年ぶりの水準。イタリア10年債利回りは7bp上昇
し0.726%。
    サクソバンクのスティーン・ヤコブセン最高投資責任者(CIO)
は、米国の2月の個人消費支出(PCE)価格指数が控えめな伸びにと
どまったとはいえ、「投資家は期待インフレの高まりを一段と不安視し
ている」と指摘。「4月には新たなコロナ刺激策が打ち出され、大規模
なインフラ法案も控えており、インフレの勢いはとまりそうにない」と
述べた。
    ドイツ連邦統計庁が30日に発表した3月の消費者物価指数(CP
I)速報値は、欧州連合(EU)基準(HICP)の伸びが前年比2.
0%と、前月の1.6%から拡大し、欧州中央銀行(ECB)の目標で
ある2%未満だがその近辺を上回った。
    ユーロ圏の期待インフレ率の目安となる5年先5年物インフレスワ
ップは1.55%と2019年初頭以来の高水準を付け
た。
    ドイツの国債発行機関でマネジングディレクターを務めるタモ・デ
ィーマー氏は30日、新型コロナウイルス対策に必要な資金の大半は昨
年に調達したため、今年の債券発行計画を大幅に変える必要はないと述
べた。
    

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up