February 20, 2018 / 7:11 PM / 7 months ago

欧州市場サマリー(20日)

 (外為市場はNY外為市場リポートをご覧ください)
    [20日 ロイター] -    
 <為替>                     欧州終盤  アジア市場終  コード                                      
                                                  盤                               
 ユーロ/ドル                1.2346        1.2359                                              
 ドル/円                       107.22        106.95                                              
 ユーロ/円                     132.40        132.21                                              
                                                                                                  
 <株式指数>                     終値        前日比          %     前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種         380.51         +2.27       +0.60           378.24          
 FTSEユーロファースト3    1489.89         +8.28       +0.56          1481.61          
 00種                                                                            
 DJユーロSTOXX50種    3435.08        +27.29       +0.80          3407.79             
 FT100種                  7246.77         -0.89       -0.01          7247.66          
 クセトラDAX               12487.90       +102.30       +0.83         12385.60        
 CAC40種                  5289.86        +33.68       +0.64          5256.18         
                                                                                                  
 <金現物>                       午後      前営業日  コード                                      
 値決め                        1339.85       1346.60                                              
                                                                                                  
 <金利・債券>                                                                                   
 米東部時間14時5分                                                                                
 *先物                         清算値        前日比  前営業日終  コード                          
                                                              盤                   
 3カ月物ユーロ                 100.32          0.00      100.32                           
 独連邦債2年物                 111.91         +0.01      111.90                            
 独連邦債5年物                 130.70         +0.09      130.61                            
 独連邦債10年物               158.39         +0.12      158.27                            
 独連邦債30年物               159.06         +0.18      158.88                            
 *現物利回り                   現在値        前日比  前営業日終  コード                          
                                                              盤                   
 独連邦債2年物                 -0.571         0.000      -0.571                                 
 独連邦債5年物                 -0.027        -0.007      -0.020                                 
 独連邦債10年物                0.734        -0.001       0.735                                  
 独連邦債30年物                1.403        +0.006       1.397                                  
                                                                                                  
 
    <ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。決算が期待外れの内容だった金
融大手HSBCが値を下げたほか、金属価格の下落に伴い鉱業銘柄が売られた。
    時価総額が欧州最大のHSBCは3.1%下落。年間の税引き前利益の増加幅が市場
予想を下回った。そのほか、資源基盤を強化するために向こう4カ月間に最大70億ドル
資金調達する計画を明らかにした。
    インベステックのアナリストらは投資判断を「ニュートラル」に維持した上で、決算
について「全体的に期待外れだ」と述べた。自社株買いを実施しないことも驚きだとした
。
    銅の値下がりに伴い鉱業株が売られた。資源大手BHPビリトンは好調な決
算を発表したにもかかわらず4.6%下落した。トレーダーらは、配当は予想を上回った
ものの利益の伸びが予想ほど大きくなかった点を指摘した。
    こうした中、中型株で金融取引システム市場の顧客向けにソフトウエア製品を提供す
るフィデッサは22.5%急騰。金融機関を対象にソフトウェアを提供するテメ
ノスがフィデッサの買収協議で最終段階にあるとする報道が材料視された。
    
    ロンドン株式市場:
    
    <欧州株式市場> 反発して取引を終えた。好決算が材料視された。
    食事券の発行などの企業向けペイメントサービスを提供するフランスのエデンレッド
は6.5%上昇した。2017年の利益が過去最高額となったほか、配当を引
き上げた。また18年の事業について前向きな見方を示した。
    デンマークのソフトウェア企業、シムコープは12.2%値を上げた。通期
決算が好感された。
    エネルギー銘柄も買われた。石油大手の英BPと英・オランダ系ロイヤル・ダ
ッチ・シェル、イタリアのENI、フランスのトタルは0.
2%から1.6%上昇した。
    一方、決算が期待外れの内容となった英金融大手HSBCは3.1%下落し
た。この日退任するガリバー最高経営責任者(CEO)は徹底的な事業改革を推し進めて
きた。クレディスイスのアナリストらはHSBCが自社株買いを「必要に応じて」実施す
ると述べたことに言及し、新たなCEOの下で投資利益戦略が変わることを意味するかも
しれないと述べた。HSBCが重しとなりSTOXX欧州600種銀行株指数は
0.10%低下した。
    
    欧州株式市場:
    
    <ユーロ圏債券> 国債利回りが若干上昇した。5月に退任するコンスタンシオ欧州
中央銀行(ECB)副総裁の後任にスペインのデギンドス経済相が内定したことで、来年
任期が切れるドラギ総裁の後任にはユーロ圏「中核」国出身者が就任するのではないかと
の観測が出ていることが背景。
    次期ECB総裁にドイツなどのユーロ圏中核国出身者が就任すればECBが将来的に
タカ派傾向を強める可能性があり、有力候補の1人と見なされている独連銀のワイトマン
総裁はこれまで一貫してECBの資産買い入れ策に反対する姿勢を表明している。
    UBSウエルスマネジメントのエコノミスト、リカルド・ガルシア氏は「ワイトマン
氏がECB総裁に就いた場合、他の人物が就任した場合よりも金利の正常化プロセスは加
速する」とし、「ECBの動静に市場が神経質になっていることを踏まえると、こうした
ことは通貨ユーロ、およびユーロ圏の銀行部門に対する支援材料となり、ユーロ圏国債利
回りに対しては上向き圧力がかかることになる」と述べた。    
    独10年債利回りは一時3ベーシスポイント(bp)上昇し0.76%
を付けた。終盤の取引では0.73%近辺となっている。同利回りは前週末には0.69
9%まで低下していた。
    仏10年債も同様の動きを示し、一時1%近辺まで上昇した。     
    ドイツはこの日、39億9000万ユーロの2年債を発行。入札予定額の50億ユー
ロに届かなかった。
    スペインは約2年ぶりにシンジケート団を通して30年債を発行。225億ユーロを
超える需要を集めた。
    
    ユーロ圏金融・債券市場: 

    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below