for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米金融・債券市場=利回り低下に転じる、20年債利回り低調

    [17日 ロイター] -    
                 米東部時間      価格   利回り  コード
 30年債(指標    16時26分  96*02.00  2.0514%  <US30YT=R
 銘柄)                                         R>
                 前営業日終  95*07.50  2.0900%           
                         値                     
 10年債(指標    16時26分  98*16.50  1.2838%  <US10YT=R
 銘柄)                                         R>
                 前営業日終  98*12.00  1.2990%           
                         値                     
 5年債(指標銘    16時25分  99*04.00  0.5544%  <US5YT=RR
 柄)                                           >
                 前営業日終  99*03.00  0.5610%           
                         値                     
 2年債(指標銘    16時14分  100*01.0  0.1089%  <US2YT=RR
 柄)                               0           >
                 前営業日終  100*00.1  0.1230%           
                         値         3           
                     清算値  前日終値  コード
 Tボンド先物3    164*13.00  164*03.0        
 月限                               0  
 Tノート先物3    135*24.00  135*25.0        
 月限                               0  
            清算値     前日終値   コード
 Tボンド   164*13.00  164*03.00 
 先物3月限                        
 Tノート   135*24.00  135*25.00 
 先物3月限                        
    
    米金融・債券市場では、長期債利回りが1年ぶり高水準から反転し
た。経済指標で米経済の堅調さが示され、20年債入札が低調だったも
のの、売り圧力が弱まった。
    10年債利回り           は一時、昨年2月27日以来となる1
.333%まで上昇したが、終盤の取引では1ベーシスポイント(bp
)弱低下の1.2922%となった。
    30年債利回り           も1年ぶり高水準の2.112%を付
けた後、2.9bp低下の2.0608%。
    1月の小売売上高は季節調整済みで前月比5.3%増。1月の鉱工
業生産統計では、製造業生産指数が1.0%上昇した。[n
L4N2KN3BJ]
    BMOキャピタル・マーケッツのストラテジスト、ベン・ジェフリ
ー氏は、押し目買いか先週のショートカバーが入った可能性があると指
摘。「10年債利回りで見られた1.30%を超えて売りを続けること
に少し消極的になっているのかもしれない」と述べた。
    アナリストによると、270億ドルの20年債入札の需要は弱く、
最高落札利回りは1.920%と高水準になった。応札倍率は2.15
倍で、昨年5月の入札再開以降で最低。20年債利回りは
入札直後に1.956%の日中最高水準を付けたが、終盤は1.1bp
低下の1.9081%となった。
    米国の向こう10年間の平均年間インフレ率の見通しを示す10年
物米物価連動債(TIPS)のブレークイーブン・インフレ率(BEI
)は2.246%と、2014年以来の高水準に上げた
後、2.226%に戻した。
    米連邦準備理事会(FRB)が17日に公表した1月26─27日
の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨によると、景気回復には時
間がかかる可能性があるものの、今後のインフレ上昇局面に備え、どの
ように下地を整えるかを巡り討議したことが分かった。ただ、米債市場
にほとんど影響はなかった。
    2年債利回り          は1.4bp低下して0.1089%と、
先週付けた過去最低の0.105%に接近した。
    2年債と10年債の利回り格差は17年以来の大きさ
となる121bpまで拡大。終盤は1bp弱低下の118.16bp。
    5年債と30年債利回り格差は149.97bpで、
約1.5bp低下した。
        
    <ドル・スワップ・スプレッド>
 DOLLAR SWAP SPREADS                                            
                                  Last (bps)  Net Change (bps)  
 U.S. 2-year dollar swap spread   9.00        -0.25             
 U.S. 3-year dollar swap spread   9.75        0.25              
 U.S. 5-year dollar swap spread   12.00       0.00              
 U.S. 10-year dollar swap spread  7.25        -1.50             
 U.S. 30-year dollar swap spread  -20.75      -1.50             
 
    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up