for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

昨年の世界の平均気温、観測史上2番目か3番目の高温=国連

 1月18日、国連の世界気象機関(WMO)は、2017年の世界の平均気温が、観測史上最高だった2016年に次ぐ2番目、あるいは3番目の高温だったと発表した。写真は仏ニースで昨年7月撮影(2018年 ロイター/Eric Gaillard)

[オスロ 18日 ロイター] - 国連の世界気象機関(WMO)は18日、2017年の世界の平均気温が、観測史上最高だった2016年に次ぐ2番目、あるいは3番目の高温だったと発表した。

2017年の平均気温は産業革命前と比べて1.1度高かった。これまでのところ、2017年は2015年とほとんど変わらないレベルで、2番目か3番目のどちらになるか確定していないという。

ただ、エルニーニョが発生しなかった年では最も高温だった。2015年と2016年は、エルニーニョによる気温上昇が見られた。

WMOでは、19世紀に観測を開始して以来、最も暖かかった18年のうち17年が2000年以降の年のため、温室効果ガスによる気温上昇が裏付けられるとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up