December 17, 2019 / 7:31 AM / 8 months ago

2020年度財投計画は13兆2195億円、JIC向けも再開=政府筋

[東京 17日 ロイター] - 2020年度財政投融資計画の全容が17日、分かった。財投計画額は13兆2195億円で、総額としては3年ぶりの増額となる。産業革新投資機構(JIC)への産業投資や高速道整備、空港の防災機能強化に向けた財政融資の改要求で、今年8月時点の要求額も上回った。

財投計画額のうち、企業の成長力強化やインフラ整備など「重点投資」と位置付ける分野には7兆1729億円を計上する。日本企業の海外展開支援に2兆0490億円を充て、医療・福祉向けの1兆0630億円も併せて盛り込んだ。

出資などを行う産業投資の計画額は4510億円で、3年連続で過去最大となる。高額報酬を巡り経済産業省との対立が浮き彫りとなったJIC向けも、運営再開のめどがついたことで財政措置を認めた。

複数の政府筋が明らかにした。

今年8月時点の20年度要求額は11兆7315億円で、財投改革後の01年度以降で最低だった。新たな経済対策の決定を踏まえ、国土交通省は13日に日本高速道路保有・債務返済機構や成田国際空港などを通じた財政融資を1兆6371億円追加していた。

山口貴也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below