April 28, 2020 / 12:42 AM / 3 months ago

ホットストック:京セラは反落、21年3月期の業績予想や減配見通しを嫌気

[東京 28日 ロイター] - 京セラは反落。27日、2021年3月期の連結当期利益(IFRS)が前年比18.3%減の880億円になりそうだと発表。合わせて年間配当予想を1株あたり120円とし、20年3月期の160円から40円の減配となる見通しを示したことも嫌気されている。

SMBC日興証券は27日付レポートで、計画に大きな違和感はないもののドキュメントソリューションが新型コロナウイルス後に元の需要に回復するとは考えにくい、と指摘。「従来から取り組んできたソフトウェアやソリューションへの取り組みだけで補いきれなくなる可能性はあり、業界再編を含む抜本的な対応に踏み出すことを期待したい」とコメントしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below