February 22, 2018 / 7:34 PM / 3 months ago

欧州市場サマリー(22日)

 (外為市場はNY外為市場リポートをご覧ください)
    [22日 ロイター] -    
 <為替>                     欧州終盤  アジア市場終  コード                                      
                                                  盤                               
 ユーロ/ドル                1.2323        1.2271                                              
 ドル/円                       106.95        107.46                                              
 ユーロ/円                     131.83        131.88                                              
                                                                                                  
 <株式指数>                     終値        前日比          %     前営業日終値  コード
 STOXX欧州600種         380.34         -0.76       -0.20           381.10          
 FTSEユーロファースト3    1489.37         -2.21       -0.15          1491.58          
 00種                                                                            
 DJユーロSTOXX50種    3431.99         +1.83       +0.05          3430.16             
 FT100種                  7252.39        -29.18       -0.40          7281.57          
 クセトラDAX               12461.91         -8.58       -0.07         12470.49        
 CAC40種                  5309.23         +7.06       +0.13          5302.17         
                                                                                                  
 <金現物>                       午後      前営業日  コード                                      
 値決め                        1328.35       1330.50                                              
                                                                                                  
 <金利・債券>                                                                                   
 米東部時間14時29分                                                                               
 *先物                         清算値        前日比  前営業日終  コード                          
                                                              盤                   
 3カ月物ユーロ                 100.32          0.00      100.32                           
 独連邦債2年物                 111.93         +0.02      111.91                            
 独連邦債5年物                 130.80         +0.11      130.69                            
 独連邦債10年物               158.76         +0.25      158.51                            
 独連邦債30年物               159.78         +0.34      159.44                            
 *現物利回り                   現在値        前日比  前営業日終  コード                          
                                                              盤                   
 独連邦債2年物                 -0.579        -0.006      -0.573                                 
 独連邦債5年物                 -0.048        -0.016      -0.032                                 
 独連邦債10年物                0.704        -0.016       0.720                                  
 独連邦債30年物                1.372        -0.010       1.382                                  
                                                                                                  
                                                                                                  
    
    <ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。軟調な決算を発表した銘柄と配当落
ち銘柄が売られたほか、国債利回りの上昇をめぐる懸念も相場の重しとなった。
    たばこのブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は2.1%下落し
た。2017年の売り上げの伸びが市場予想に届かなかったことが嫌気された。
    中型株では業績見通しが期待外れの内容だった価格比較サイトのマネースーパーマー
ケット・コムが13.7%急落した。
    たばこ大手のインペリアル・ブランズや大手飲料メーカーのディアジオ<DGE.
L>、製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)などの配当落ち銘柄も値を下
げた。
    米連邦準備理事会(FRB)が前日に公表した1月の連邦公開市場委員会(FOMC
)の議事要旨が、メンバーらが利上げにより前向きであることを示したことで米10年債
利回りは4年ぶりの高水準をつけた。利回りや物価の上昇をめぐる懸念も相場の重しとな
った。
    一方、金融大手バークレイズは4.4%上昇した。通期決算が好感された。
    同じく通期決算が買い材料となった国内最大のエネルギー供給会社セントリカ<CNA.L
>は7.5%上昇した。    
    
    ロンドン株式市場:
    
    <欧州株式市場> 反落して取引を終えた。決算は好調だったものの、米国の利上げ
ペースが上がるとの見方が再浮上し、リスク志向が低下した。
    CMCマーケッツのアナリスト、デービッド・マッデン氏は米連邦準備理事会(FR
B)が前日に公表した最新の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨がタカ派的な内容
だったことについて「FRBの議事録を材料に株式相場は弱含んでいる」と指摘した。
    ドイツのIFO経済研究所が発表した2月の業況指数が予想以上に低下したことや、
英国の第4・四半期国内総生産(GDP)が下方改定されたことも市場心理が悪化する要
因となった。
    こうした中、決算は買い材料となった。フランスの保険大手アクサは0.
6%上昇した。2017年の純利益が市場予想を上回った。
    ベルギーの金融大手KBCは2.3%上昇。チェコなどでの国際事業が好調
だった。
    デンマークのバイオ医薬品メーカー、ジェンマブは17.8%急騰。血液が
ん治療薬「ダラツムマブ」の売り上げの伸びに自信を示したことが好感された。
    決算が市場予想を上回った補聴器メーカーのウィリアム・デマント・ホールディング
スは6.9%上昇した。
    英国最大のエネルギー供給会社セントリカは7.5%上昇。経費削減目標を
5億ポンド引き上げ、2020年までに4000人の人員削減を実施するとしたことが買
い材料となった。
    
    欧州株式市場:
    
    <ユーロ圏債券> 国債利回りが低下。欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨を
受けてインフレ上昇懸念が再燃したことで、利回りは一時上昇したものの、ドイツIFO
業況指数が予想以上に低下したことが材料視され、域内の債券利回りは総じて1-2ベー
シスポイント(bp)低下した。
    2月の独IFO業況指数は115.4と、1月の117.6から予想(117.0)
以上に低下。ただ依然として高水準を維持し、ドイツ経済が第1・四半期も順調に拡大す
る可能性を示した。
    ECBが同日公表した1月25日の理事会の議事要旨からは、インフレが目標に上昇
するとの確信が強まったとしても、政策の正常化の伝達スタンスを変更するのは時期尚早
との考えが示されていたことが分かった。
    終盤の取引で、独10年債利回りは一時の上昇から下げに転じ、2bp
低下の0.70%。
    米10年債利回りは2.92%と、オーバナーイト取引で付けていた数
年ぶりの高水準から低下。米独債の利回り格差は222bp近辺と、約1年ぶりの高水準
に迫り、欧米金融政策見通しのかい離を反映した。
    ギリシャ10年債利回りは4.38%。一時9bp低下し、4.34%
をつける場面もあった。同5年債利回りも一時30bp低下し3.348%を
付けた。
    ムーディーズがギリシャの格付けを「Caa2」から2段階引き上げ、「B3」とし
たことが好感されている。格付け見通しも「ポジティブ」を維持した。
    ムーディーズは、ギリシャが自律性を取り戻し、市場から資金を調達できるようにな
ると確信しているとの認識を示した。       
    
    ユーロ圏金融・債券市場: 

    
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below