May 29, 2018 / 5:38 PM / 3 months ago

ユーロ圏金融・債券市場=イタリア2年債利回り約25年ぶり大幅上昇、政局混迷受け

    [ロンドン 29日 ロイター] - 
 <金利・債券>                                                         
 米東部時間13時                                                         
 13分                                                     
 *先物          清算値  前日比   前営業日  コード                      
                                      終盤                
 3カ月物ユーロ  100.31    0.00     100.31                        
 独連邦債2年物  112.34   +0.15     112.19                         
 独連邦債5年物  132.99   +0.51     132.48                         
 独連邦債10年  162.80   +0.87     161.93                         
 物                                                       
 独連邦債30年  171.04   +1.42     169.62                         
 物                                                       
 *現物利回り    現在値  前日比   前営業日  コード                      
                                      終盤                
 独連邦債2年物  -0.793  -0.084     -0.709                              
 独連邦債5年物  -0.377  -0.094     -0.283                              
 独連邦債10年   0.265  -0.077      0.342  <DE10YT=TWEB  <0#DE10YT=TWEB
 物                                         >             >
 独連邦債30年   1.006  -0.056      1.062  <DE30YT=TWEB  <0#DE30YT=TWEB
 物                                         >             >
 
    ユーロ圏金融・債券市場では、イタリア政局の混乱が深まったことを受け、同国債券
・株式やユーロの売りが加速。2010─12年のユーロ圏債務危機を想起させる動きと
なっている。
    イタリアの2年債利回りは150ベーシスポイント(bp)超上げ、2.
73%に上昇。1日では1992年以来の大幅上昇となった。また、10年債利回り<IT1
0YT=RR >も一時50ベーシスポイント(bp)上げ、4年超ぶり水準の3.38%となっ
た。
    この日実施された伊国債入札では、6カ月物の利回りが過去5年以上で最も高い水準
を付けた。
    イタリアでは大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」と極右「同盟」が連
立政権の樹立に失敗。マッタレッラ大統領は前日、カルロ・コッタレッリ元国際通貨基金
(IMF)高官を暫定首相に指名し、2019年予算案の通過と来年初旬までに再選挙を
実施する計画を進めるよう命じた。
    関係筋によると、再選挙は早ければ7月29日に実施される可能性があるという。同
国のユーロ圏離脱の是非を問う事実上の国民投票になり得るとの懸念から、イタリア資産
は総じて売りを浴びている。
    アンシリア・キャピタル・パートナーズのファンドマネジャーは「イタリアの公財政
の見通しに信頼が全くないことを織り込んでいる」とし、10年債のスプレッド自体は急
上昇している短期債利回りに比べ、それほど心配ではないとの見方を示した。
    イタリア銀行(中央銀行)のビスコ総裁は29日、政局混迷が深まる中、市場でイタ
リアに対する信任が失墜の「瀬戸際」にあると警鐘を鳴らした。
    また格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、イタリアの次期政権が
財政政策で公的債務比率を持続可能な低下軌道に乗せることができなければ、同国の格付
けを引き下げる方針を示した。
    こうした中、イタリアの債務保証コストも4年半ぶりの高水準に上昇。IHSマーク
イットのデータによると、5年物クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)ITGV5YU
SAC=MGは前日終了時点から49bp上昇し225bp。先週初め時点では122bpだ
った。
    一方、安全資産逃避の動きから、ドイツ10年債利回りは一時0.19
%となり、1年超ぶりの低水準を付けた。
    ラホイ首相の不信任案の採決を6月1日に控えるスペインへの懸念も続き、同国10
年債利回りは7カ月ぶり高水準の1.66%に上昇。独債との利回り格差は1年超ぶりの
大きさとなった。
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below