March 14, 2018 / 1:48 PM / 6 months ago

英政府、ロシア外交官23人を国外退去 元スパイ暗殺未遂受け

[ロンドン 14日 ロイター] - 英国のメイ首相は14日、英南西部ソールズベリーで今月、元二重スパイのロシア人男性とその娘に軍用神経剤が使用された事件を巡り、23人のロシア外交官に国外退去を要請することを議会で明らかにした。

この事件は、ロシアと英国の二重スパイだったセルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリア氏(33)が4日に意識不明の重体で見つかったもの。英当局者は、事件で使用された神経剤が1970─80年代に旧ソ連軍が開発した神経剤「ノビチョク」だったと特定した。

英国はロシアに対し事件について説明を求めていたが、ロシアは関与を完全に否定。メイ首相は回答期限の14日深夜までにロシア側から信頼できる説明はなかったことを明らかにし、「スクリパリ氏とその娘に対する殺人未遂事件、およびソールズベリーに暮らす英国民の生命が脅威にさらされたことの責任はロシア政府にあるとの結論以外は考えられない」とし、「これはロシア政府による英国に対する違法な武力行使に相当する」と述べた。

国外退去となる23人の外交官は申告されていない情報部員。メイ首相によると、1度の国外退去処分としては過去約30年間で最大規模となり、ロシアの英国内での情報収集能力は長年にわたり阻害される。

メイ首相はこのほか、「英国民や英住民の生命や資産を脅威にさらすために利用される恐れがあるとの証拠」が得られた場合、ロシア政府の資産を凍結する方針も示した。

また、6―7月にロシアで開催されるサッカーのワールドカップ(W杯)に英国の閣僚、および英王室のメンバーは出席しないことも明らかにした。

ロシアは英国の措置に対し、対抗措置をとる姿勢を示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below