July 23, 2020 / 5:51 AM / 15 days ago

アジア通貨動向(23日)=ルピア上昇、韓国が景気後退入りでウォン下落

[23日 ロイター] - アジア通貨市場では、インドネシアルピアが対ドルで3日続伸し、前週の大幅な下落分を一部取り戻した。

ルピアは0.6%上昇し、今週の高値を付けた。前週はインドネシア中央銀行が今年4回目となる利下げに踏み切ったことを受けて2%超下落していた。

タイバーツは0.2%安。タイが米国の為替操作監視リストに指定される可能性があるとの報道を受け、同国中銀は23日、輸出競争力を高めることを狙った市場介入は行っていないと表明した。

韓国ウォンも下落。同国の第2・四半期国内総生産(GDP)は、第1・四半期に続きマイナスとなり、2003年以来となるリセッション(景気後退)に陥った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below