July 23, 2019 / 7:06 AM / in 4 months

アジア株式市場サマリー:引け(23日)

 (配信時間に応じて内容を更新します)
    [23日 ロイター] - 
                                   終値      前日比          %        始値        高値        安値  コード
       中国  上海総合指数     2899.9446    + 12.9706      + 0.45   2886.9044   2901.3591   2883.0457         
             前営業日終値      2886.9740                                                              
       中国  CSI300指     3789.914      +8.230       +0.22    3783.541    3792.965    3768.761           
             数                                                                                       
             前営業日終値       3781.683                                                              
       香港  ハンセン指数       28466.48      +95.22       +0.34    28392.04    28489.29    28313.79        
             前営業日終値       28371.26                                                              
       香港  ハンセン中国株     10809.92      +39.61       +0.37    10806.48    10834.23    10786.25         
             指数                                                                                     
             前営業日終値       10770.31                                                              
       韓国  総合株価指数        2101.45       +8.11       +0.39     2095.76     2106.39     2095.38         
             前営業日終値        2093.34                                                              
       台湾  加権指数           10947.26       +2.73       +0.02    10963.86    10994.44    10932.53         
             前営業日終値       10944.53                                                              
         豪  S&P/ASX      6724.60      +33.40       +0.50     6691.20     6730.70     6688.80         
             指数                                                                                     
             前営業日終値        6691.20                                                              
 シンガポー  ST指数            3373.13      +15.91       +0.47     3360.18     3374.00     3359.25        
         ル                                                                                           
             前営業日終値        3357.22                                                              
 マレーシア  総合株価指数        1655.67       +0.27       +0.02     1654.73     1658.35     1654.02         
             前営業日終値        1655.40                                                              
 インドネシ  総合株価指数       6403.810     -29.737       -0.46    6443.711    6454.089     6396.68         
         ア                                                                                           
             前営業日終値       6433.547                                                              
 フィリピン  総合株価指数        8251.46       +4.63       +0.06     8247.93     8264.89     8226.23        
             前営業日終値        8246.83                                                              
   ベトナム  VN指数             989.46       +7.42       +0.76      981.38      990.45      980.22        
             前営業日終値         982.04                                                              
       タイ  SET指数          1724.87       -2.71       -0.16     1730.70     1732.69     1719.93         
             前営業日終値        1727.58                                                              
     インド  SENSEX指     37982.74      -48.39       -0.13    38138.56    38217.81    37898.90          
             数                                                                                       
             前営業日終値       38031.13                                                              
     インド  NSE指数         11331.05      -15.15       -0.13    11372.25    11398.15    11302.80         
             前営業日終値       11346.20                                                              
 東南アジア株式市場は大半が上昇した。特にシンガポール市場の上げが目立った。同国のコアインフレ率が
2年超ぶりの低水準だったことを受け、シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行)が10月に利下げすると
の期待感が高まったことが背景。
    シンガポール当局が23日に発表した統計によると、6月のコアインフレ率は前年比1.2%上昇で、
2017年3月以来の低い伸び率だった。これを受け、シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(S
TI)は0.47%高で取引を終えた。
    ANZリサーチは顧客向けノートで、先週の弱い輸出統計と今回のインフレ率を受け、10月の緩和は
決定的と指摘。会合を待たずに緩和に踏み切る可能性もあるとの見方を示した。
    域内の他の大半の株式市場は、米連邦準備理事会(FRB)と欧州中央銀行(ECB)による利下げ期
待の高まりを受けて上昇した。
    
    中国株式市場は上昇。中国版ナスダックと呼ばれる新興ハイテク企業向け株式市場「科創板」に引き続
き注目が集まる中、インフラ関連株やIT株が買われた。
    取引2日目の科創板は、前日の大幅上昇からやや押し戻される展開となったが、それでも全ての銘柄が
上場価格を大きく上回っている。
    中国工業情報省はこの日、保護貿易主義が輸出を圧迫し中国経済の先行きに影を落とす中、今年の工業
生産伸び率目標を達成するには「多大な努力」が必要になるとの認識を示した。
    セクター別では、IT株が1.9%高、インフラ関連株は0.9%上昇した。
一方、不動産株は2.2%安、食品・飲料株は1.2%下落した。
    香港株式市場も上昇した。欧州中央銀行(ECB)と米連邦準備理事会(FRB)による利下げ見通し
を背景とした世界的な株高に追随した。
        
    ソウル株式市場は上昇。世界の主要な中央銀行が金融緩和に動くとの観測が高まりから高配当株が注目
され、金融・証券株が値を上げた。
    韓国中央銀行総裁は、先週の利下げ後でも、さらなる利下げを必要とする状況を排除していないと述べ
、追加利下げの準備があることを示唆した。
    欧州中央銀行(ECB)と米連邦準備理事会(FRB)による利下げに対する期待感から世界各地で株
価は上昇した。
    ユアンタ証券のアナリスト、チョ・ビュンヒュン氏は、日韓間の貿易摩擦が進展する中、半導体の過剰
供給に対する懸念が後退し、半導体株を押し上げたと述べた。
    外国人投資家は2872億ウォン(2億4364万ドル)相当の買い越し。 出来高は6億4001万
株。取引された895銘柄のうち、289銘柄が上昇した。
    
    シドニー株式市場は反発して引けた。欧米で利下げが予想されていることが背景。原油相場高がエネル
ギー株を押し上げた。
    ECBは25日に10ベーシスポイント、FRBはその数日後に25ベーシスポイント、それぞれ政策
金利を引き下げるとみられている。
    ブルー・オーシャン・エクイティーズの市場ポートフォリオ・ストラテジスト、メーサン・ソマサンダ
ラム氏は、市場はFRBの動向を見極めようと、先行するECBからの発信を待っていると述べた。
    豪金融監督当局が大手銀行の役員報酬支払いに関する規制強化の意向を表明する中でも、金融株指数<.
AXFJ>は上昇。ウエストパック銀行は0.3%高、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)<NA
B.AX>は1.1%高だった。
    中東における供給混乱懸念がくすぶっており、原油相場は小幅高。これを受け、エネルギー株指数<.AX
EJ>は1.4%高。主要銘柄はウッドサイド・ペトロリアムが0.9%、オイル・サーチが2.5
%それぞれ上昇した。
    鉱業大手BHPグループは0.6%高。少なくとも3つの豪機関投資家が、同社の次期最高経
営責任者(CEO)として外部候補者を検討するようBHPに働き掛けているとの報道が材料視された。 
競合のリオ・ティントとフォーテスキュー・メタルズ・グループは、鉄鉱石価格の下落を
背景に、それぞれ0.4%、1.4%の下落だった。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below