for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱自、23年めどに一部欧州での新車販売から撤退

 3月10日、三菱自動車は、2023年をめどに一部の欧州市場での新車販売事業から撤退すると発表した。ジュネーブで2019年撮影(2021年 ロイター/Pierre Albouy)

[東京 10日 ロイター] - 三菱自動車は10日、2023年をめどに一部の欧州市場での新車販売事業から撤退すると発表した。アライアンス(連合)を組む仏ルノーから2車種のOEM(相手先ブランドによる)供給を受け、一部の欧州市場で販売する予定。

販売する具体的な国、OEM供給の対象となるモデルについては検討中という。

三菱自は昨年7月に中期経営計画を発表し、重点地域への選択と集中を図る構造改革を推進している。研究開発の分野ではすでに欧州向けの新型車開発を凍結しており、研究開発費を東南アジア諸国連合(ASEAN)向けに振り向けている。ルノーとのOEM供給の協業は,こうした欧州事業の構造改革の一環。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up