for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

良品計画、上期の営業利益は233億円 通期見通し据え置き

[東京 14日 ロイター] - 良品計画は14日、上期(20年9月―21年2月)の連結営業利益が233億円、純利益は203億円になったと発表した。決算期変更に伴い、参考値での営業利益の前年同期比較は48.2%増となっている。

上期の既存店売上高は前年同期比7.9%増。3月も15%増と好調を継続している。衣服に加えて、食品の需要が高まっている。

2021年8月期の連結営業利益予想は492億円を据え置いた。IBESのコンセンサス予想によると、アナリスト17人の営業利益予想の平均値は420億円となっている。

決算期変更により、前期は6カ月の変則決算になっている。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

清水律子

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up