for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(26日)=堅調、米FOMCに注目

[26日 ロイター] - アジア新興国通貨は、堅調に推移している。今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で緩和政策が維持されるとの見方でドルが下落。ドルは2カ月ぶり安値を付けた。

みずほのアナリストノートは、「米連邦準備理事会(FRB)は緩和政策を当面維持するとしており、アジア新興国は利下げ一服となっている。今週のFOMCでは新たな手掛かりがあるだろう」と指摘した。

発表されたシンガポールの3月の製造業生産は前年同月比プラス7.6%、前月比ではマイナス1.7%で予想のプラス2.2%を下回った。シンガポールドルはほぼ変わらず。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up