for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロンドン株式市場=ほぼ横ばい、英中銀の27年ぶり大幅利上げで売り買い交錯

    [4日 ロイター] - ロンドン株式市場はほぼ横ばいで取引を終
えた。イングランド銀行(英中央銀行)が1995年以来、27年ぶり
となる50ベーシスポイント(BP)の大幅利上げを決めたことで通貨
ポンドが下落したのが買い材料となった一方、投資家は景気後退が迫っ
ているとの懸念を強め、売り買いが交錯した。
    英中銀は4日の金融政策委員会(MPC)で50BPの利上げを委
員9人のうち8人の賛成多数で決定。政策金利は1.75%と2008
年終盤以来の高水準となった。
    キルター・インベスターズのポートフォリオマネジャー、ポール・
クレイグ氏は「英中銀が米連邦準備理事会(FRB)の動きに注目した
のは明らかで、インフレを抑制するための時間がなくなってきていると
感じている」と指摘した。
    オンライン取引プラットフォームIGのチーフマーケットアナリス
ト、クリス・ボーシャン氏は「MPCの決定を受けてポンドが下落した
ことは、投資家が英経済に警戒感を抱いていることを示している」と指
摘した。
    中型株で構成するFTSE250種指数は0.68%上げ
た。個別銘柄では医療機器のコンバテック・グループは6.8
%と急伸。22年上半期が増収だったのが好感された。
    一方、英日用品のユニリーバは0.7%安。傘下の米アイ
スクリームブランド、ベン・アンド・ジェリーズの独立取締役が先月の
取締役の報酬を凍結したと発表したのが重しとなった。
   
 <株式指数>              終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                      終値  
 FTSE100種       7448.06    +2.38  +0.03    7445.68          
 

    
 (ーからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up