November 1, 2019 / 6:41 AM / 18 days ago

マツダ、円高で今期営業益予想27%減に修正 世界販売計画6万台超下振れ

[東京 1日 ロイター] - マツダは1日、2020年3月期連結業績予想を下方修正したと発表した。営業利益は前年比27%減の600億円となる見通し。従来は同33.6%増の1100億円を見込んでいた。為替相場で米ドルやユーロなどが円高に推移しており、前提レートを見直したことが響く。

修正後の通期営業利益予想は、リフィニティブが集計したアナリスト20人の予測平均値729億円を下回る。

1ドル=107円(従来は110円)、1ユーロ=119円(同126円)にそれぞれ変更した。 売上高予想も従来の4%増の3兆7000億円から1.8%減の3兆5000億円に引き下げた。純利益は26.7%増の800億円から31.9%減の430億円に下方修正した。

世界販売計画も従来の161万8000台から155万台へ引き下げた。北米、中国、日本などでの販売が期初計画を下回るため。

19年4―9月期の世界販売台数は前年同期比8.2%減の約73万台だった。全面改良した小型車「マツダ3」が15%減と落ち込んだ。

白木真紀

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below