July 29, 2020 / 6:06 AM / 8 days ago

アジア通貨動向(29日)=レンジ取引、FOMCの結果待ち

[29日 ロイター] - アジア通貨は総じて狭いレンジ取引。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を待つ展開となっている。

ドルの下落を受けて、タイバーツと台湾ドルが値上がりしている。

台湾ドルは一時0.8%高。タイバーツは0.5%高。

フィリピン上院では1400億ペソ(28億5000万ドル)規模の景気対策が可決された。

第2・四半期のシンガポールの失業率は2.9%と、10年ぶりの高水準に急上昇。新型コロナウイルスの流行を受けてサービス業と建設業で雇用が縮小した。

タイの6月の製造業生産指数は17.66%低下。市場予想ほど落ち込まなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below