for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(29日)=総じて軟調、マレーシア債に注目

[29日 ロイター] - アジア通貨は総じて軟調。インフレ懸念が根強く、米10年債利回りが依然として高水準で推移しており、ドルが底堅い値動きを見せている。

マレーシアリンギはほぼ変わらず。FTSEラッセルが国債インデックスからマレーシア債を除外するかどうかに注目が集まっている。

OCBC銀行は、マレーシア債がインデックスから除外されず、ウォッチリストから外されると予想。予想外にインデックスから除外されれば、資金流出につながる可能性がある。

2月のマレーシアの輸出は予想を上回る17.6%増。電気・電子機器やコモディティー関連商品の輸出が増加した。

インド市場は、祝日のため休場。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up