March 29, 2018 / 11:39 AM / 8 months ago

東南アジア株式・引け=バンコクなど3市場が下落、シンガポールは高い

[29日 ロイター] - 東南アジア株式市場はバンコクなど3市場が下落して引けた。一方、シンガポールのストレーツ・タイムズ指数は堅調な2月の銀行貸出残高統計を受けて1.3%高と、反発して取引を終えた。

シンガポールの2月の銀行貸出残高は前年同月比3.8%増、前月比0.1%増だった。

ストレーツ・タイムズ指数は金融株主導で上昇、OCBC銀行、DBSグループ・ホールディングス、UOB銀行がそれぞれ1.5%超値を上げた。同指数は月間では2.5%安。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.78%高。生活必需品株主導で値を上げ、取引終盤に上げ足を速めた。アストラ・インターナショナルが2.8%高。

バンコク市場のSET指数は1%超安。業種別ではヘルスケアが上伸したものの、他の業種は値を下げた。

タイ石油会社(PTT)は2.14%安、タイ空港会社(AOT)は2.6%安。

ホーチミン市場のVN指数は0.44%安。生活必需品株主導で値を下げた。1ー3月のベトナム成長率が前年比7.38%だったとの報には反応薄のもよう。

マニラ市場は29、30両日は休場。30日にはシンガポール、ジャカルタ両市場が休場となる。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below