April 25, 2019 / 9:05 AM / 3 months ago

中国・香港株式市場・大引け=中国株3週間ぶり安値、景気や政策への懸念で

    [香港 25日 ロイター] - 
 中国                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 上海総合指数         3,123.8261  - 77.7876     - 2.43  3,190.585  3,193.7494   3,123.0258 
                                                               1                
 前営業日終値         3,201.6137                                                           
 CSI300指数<.C   3,941.816   - 88.273     - 2.19  4,013.603   4,022.563    3,938.325 
 SI300>                                                                         
 前営業日終値          4,030.089                                                           
 香港                      終値     前日比         %       始値         高値         安値
 ハンセン指数          29,549.80   - 256.03     - 0.86  29,667.52   29,849.70    29,535.20 
                                                                                
 前営業日終値          29,805.83                                                           
 ハンセン中国株指数<   11,502.04   - 161.74     - 1.39  11,591.34   11,655.77    11,482.00 
 .HSCE>                                                                         
 前営業日終値          11,663.78                                                           
        
    中国・香港株式市場は下落。中国人民銀行(中央銀行)が市場の追加緩和期待をけん
制したことや、景気回復の先行きに対する懸念が背景。
    上海総合指数終値は77.7876ポイント(2.43%)安の3123.
8261。終値ベースで4月1日以来の安値をつけた。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
         終値は88.273ポイント(2.19%)安の3941.816。
    ハンセン指数終値は256.03ポイント(0.86%)安の2万9549.
80。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は161.74ポイント(1.3
9%)安の1万1502.04。
    深セン総合指数は3.41%安。
    海通証券のアナリストは「株価下落の原因は、金融政策の方向性に関する予想の変化
だろう」と指摘。「このところの値上がりを受けて、利益確定の売りも出た」と述べた。
    中国人民銀行(中央銀行)の劉国強副総裁は25日、人民銀行は金融政策を引き締め
たり緩和したりする意図はないと述べた。また、リバースレポや中期貸出制度(MLF)
の活用は緩和バイアスを示唆しないと説明した。
    人民銀行は24日、1年物の「標的型中期貸出制度(TMLF)」を通じて、一部の
商業銀行に2674億元(398億ドル)を供給。広範な金融緩和措置を見送っている。
    複数の関係筋によると、人民銀行は、第1・四半期の同国の国内総生産(GDP)統
計が予想を上回ったことを受けて、預金準備率の引き下げを急がない方針。
    市場は全面安の展開となった。金融指数は1.69%安。一般消費財指
数は3.2%安。
    第一上海証券のチーフストラテジスト、Linus Yip氏は、今月の株価上昇は景気安定
への自信が強まったことが背景だったと指摘。ただ「今は、第1・四半期の経済成長が政
策緩和によるところが大きかったのか、4月は緩和が縮小しても好調さを維持できるのか
に注目が集まっている」と述べた。    
    李克強首相は「中国経済が依然下向き圧力に直面していることをわれわれははっきり
と認識している」とした上で、政府として減税などの対策を講じるほか改革を深化させる
考えを示した。国営テレビが24日報じた。
    Chuancai Securitiesのアナリストは「実体経済の安定が完全ではなく、中小企業の
資金繰りも依然として厳しいことを踏まえると、(人民銀行が)今後、流動性を引き締め
る可能性は比較的低い」と指摘した。
    

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below