Reuters logo
上海外為市場=元は3週間ぶり安値、年内の米利上げ観測でドル上昇
September 21, 2017 / 5:16 AM / in 3 months

上海外為市場=元は3週間ぶり安値、年内の米利上げ観測でドル上昇

[上海 21日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対米ドルで下落し、3週間超ぶりの安値で推移している。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で年内にあと1回の利上げが示唆され、ドルが買われた。

主要6通貨に対するドル指数は米連邦準備理事会(FRB)の声明発表後、約2週間ぶり高値に上昇した。

中国人民銀行(中央銀行)は、この日の人民元の対ドル基準値(中間値)を1ドル=6.5867元と、月初以来の元安水準に設定した。この日で3日連続での元安設定となる。基準値は前日(6.5670元)に比べ197ポイント(0.3%)の元安。

トレーダーによると、この日の基準値設定は市場予想に概して沿ったものだったという。

スポット市場の人民元は6.5950元で始まった後、朝方、心理的に重要な節目となる6.6元を超えて下落した。一時、8月29日以来の安値となる6.6066元を付けた。

市場参加者によると、6.6元ちょうどの水準は引き続き上値抵抗線となっている。これを超えた元安となったことで、トレーダーと企業の双方から一部でドル売りが出て、一段の元安は進まなかった。

中盤時点のスポット相場は6.5900元と、前日終値比165ポイントの元安、基準値比で0.05%元安。

トレーダーによると、元相場はドルの動向に沿ったものであり、当面はこの状態が続く見通しだ。みずほ銀行(香港)のアジア為替担当シニアストラテジスト、Ken Cheung氏は21日のリポートで「FRBのタカ派的姿勢で12月の追加利上げが改めて見込まれるようになり、当社はドルに上昇余地があるとみる」と述べた。

ドル指数は92.515と、前日終値の92.508から上昇した。

オフショア市場の元は、オンショア比で0.03%元高の6.5878元。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.7415元と、基準値に対し2.30%の元安で推移している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below