January 28, 2020 / 5:45 AM / a month ago

東南アジア株式・中盤=新型肺炎懸念で軟調、シンガポール3%安

[28日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は、シンガポール市場が3%近く下落し、日中の下落率が約8カ月ぶりの大きさに拡大した。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎が、今年のシンガポール経済に打撃を与えるとの政府見解が悪材料になった。

0336GMT(日本時間午後0時36分)時点で、ストレーツ・タイムズ指数(STI)は2.57%安。金融株と鉱業株が大きく下げている。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは1.22%安と、6営業日続落の見込み。観光業に依存する空港運営会社マレーシア・エアポーツ・ホールディングスは9.5%安と、2017年2月以来の安値まで下げ、6営業日続落の見込み。

バンコク市場のSET指数は0.09%高と小動き、マニラ市場の主要株価指数PSEiは1.33%安、ジャカルタ市場の総合株価指数は0.87%安。  ホーチミン市場のVN指数は旧正月のため休場。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below