August 29, 2018 / 7:08 PM / 3 months ago

米マイクロン、国内工場拡張に30億ドル投資へ 車向け半導体需要に対応

[29日 ロイター] - 米半導体大手マイクロン・テクノロジーは29日、米バージニア州の工場拡張に向け今後12年間で30億ドルの投資を行うことを明らかにした。

同工場は首都ワシントンから西に約64キロの地点に位置し、現在約1500人を雇用。これまで15年間にわたり自動車向け半導体を製造してきた。

マイクロンによると、10万平方フィートのクリーンルームの増設などの投資により、投資完了後は新たに1100人の雇用が創出される。

サンジェイ・メロートラ最高経営責任者(CEO)はロイターのインタビューに対し、同工場の拡張は自動車向け半導体の需要拡大に対応することが目的だと説明。マイクロンは自動車向け半導体市場の規模は2021年までに60億ドルに倍増すると予想している。

マイクロンは自社の半導体の多くを米国内で製造。シンガポール、日本、台湾でも製造しているが、中国では組み立てと試験しか行っていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below