for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱自、エンジン不具合で約30万台リコール 一部はバッテリーも

 5月27日、三菱自動車は、エンジンの制御装置に不具合があるとして、日産自動車に供給する分も含めて4車種30万2097台(2019年3月─21年3月製造)のリコールを国土交通省に届け出た。都内で2019年撮影(2021年 ロイター/Issei Kato)

[東京 27日 ロイター] - 三菱自動車工業は27日、エンジンの制御装置に不具合があるとして、日産自動車に供給する分も含めて4車種30万2097台(2019年3月─21年3月製造)のリコールを国土交通省に届け出た。

対象は三菱自動車の「eK」と「eK SPACE」、日産自動車の「DAYZ」と「ROOX」。急ブレーキをかけた際に、停止するまでの距離が長くなる恐れがあり、物損事故を含む39件の不具合が報告されている。

このうち「eK SPACE」と「ROOX」は、2万3255台(20年3─5月製造)がリチウムインバッテリーのアースボルトの取り付けが不適切で、アイドリングストップ後にエンジンが止まらなくなるなどの恐れもある。火災3件を含む223件の不具合が報告されている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up