for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アジア通貨動向(30日)=総じて小動き

[30日 ロイター] - アジア通貨は総じて小動き。フィリピンペソは0.3%高。韓国ウォンは小幅安。

ただアナリストは、アジア通貨が目先、堅調に推移すると予想している。

スコシアバンクの為替ストラテジスト(アジア新興国担当)、Gao Qi氏は「アジア新興国通貨は総じて、6月15-16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)まで、さらに上昇する可能性が高い。米連邦準備理事会(FRB)が緩和スタンスを維持しているためだ」と述べた。

台湾市場は、祝日のため休場。

中国国家統計局が30日発表した4月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は51.1と前月の51.9から低下した。供給や輸送のボトルネックが生産を圧迫したほか、外需の伸びが鈍化した。

※原文記事など関連情報やアプリは画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up