for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日経平均、30年半ぶり一時3万円台 カネ余りが株価押し上げ

[東京 15日 ロイター] - 15日午前の東京株式市場で、日経平均株価が1990年8月3日以来、30年半ぶりに一時3万円台に乗せた。新型コロナウイルス対策で主要各国が財政支出を拡大し、金融緩和を進める中、世界的なカネ余りが株価を押し上げている。

この日の日経平均は堅調にスタート。 前週末の米国株市場でナスダック総合とS&P総合500種 が終値ベースで最高値を更新した流れを引き継いだ。前場が開く直前に発表された日本の10─12月期実質国内総生産(GDP)は2四半期連続のプラスとなった。

日経平均は寄り付き後に上げ幅を拡大。バブル後高値を更新し、午前9時20分過ぎに節目の3万台に乗せた。TOPIXも一時1948.40ポイントと1991年6月以来の水準を付け、バブル後高値を更新している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up