April 1, 2019 / 12:25 AM / 3 months ago

豪住宅価格、3月は前月比‐0.6% 低下幅がやや縮小

[シドニー 1日 ロイター] - 不動産コンサルタント会社コアロジックによると、オーストラリアの住宅価格指数は3月に前月比0.6%低下した。住宅ローンの融資条件が依然厳しいため、住宅投資が手控えられたことが背景にある。

ただ、低下幅は前月の0.7%から若干縮小し、昨年10月以来の小幅な低下となった。販売成立数が増えたことを反映した。住宅価格指数は前年同月からは6.9%低下した。

住宅価格の下落は長期化しており、同指数は過去17カ月中15カ月で低下し、それまで2年余りの上昇分を打ち消した。3月の主要都市の住宅価格は前月比で0.7%低下となった。前月の0.9%低下からは改善した。

ここ1カ月程度でこれまで値下がりが大きかったシドニーとメルボルンを中心に、販売成立率が上昇している。

シドニーの価格は0.9%下落、メルボルンは0.8%下落した。

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は住宅価格の一段の下落は家計の貯蓄や支出を阻害する可能性があると懸念している。このため、住宅相場の改善を好意的に受け止めるとみられる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below