for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マツダ、今期純損益予想は350億円の黒字 市場予想下回る

[東京 14日 ロイター] - マツダは14日、2022年3月期(今期)の連結純損益が350億円の黒字になる見通しと発表した。コロナ禍から販売が回復し、米国や豪州などを中心に伸びを見込んでいる。

会社予想は、アナリスト15人による予想平均値(IBESのコンセンサス予想、448億円の黒字)を下回った。

今期の売上高予想は前期比18%増の3兆4000億円、営業利益予想は7.3倍の650億円。半導体の供給不足や金属など原材料の価格高騰が懸念されるものの、販売成長のほか、固定費削減なども利益を押し上げる。

今期の前提為替レートは1ドル=109円、1ユーロ=129円。

世界販売計画は9.5%増の141万台。市場別では、日本では10.5%増の19万5000台、北米で2.8%増の41万4000台、欧州で25.9%増の22万5000台、中国で14%増の26万台をそれぞれ見込む。

同時に発表した21年3月期(前期)の連結決算では、純損益が316億円の赤字(前の期は121億円の黒字)だった。売上高は16%減の2兆8820億円、営業利益は79.8%減の88億円。コロナ感染拡大の影響で出荷減少などが響いた。同社は12日、前期の連結業績予想の修正を発表済み。 (白木真紀)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up