July 6, 2018 / 7:32 AM / 12 days ago

吉野家HD、3―5月期は5年ぶりの営業赤字 食材費や人件費が上昇

[東京 6日 ロイター] - 吉野家ホールディングスは6日、2018年3―5月期の連結営業損益が1億7800万円の赤字(前年同期は7億4800万円の黒字)になったと発表した。牛肉や米といった主要食材価格や人件費の上昇が圧迫要因となった。3―5月期が赤字になるのは5年ぶり。

連結売上高は同2.7%増の497億円となった。主力業態の「吉野家」の既存店売上高が同4.1%増と好調だったほか、国内での「はなまる」や海外での「吉野家」の新規出店も寄与した。

一方、食材価格の上昇により原価が9億7000万円上昇。労働力確保のための採用・教育コストの上昇、パートやアルバイトの時給上昇、光熱費や物流費の上昇が減益要因となった。

19年2月期の連結売上高は前年比6.3%増の2110億円、営業利益は同2.0%増の41億円の計画を据え置いた。 (清水律子)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below