May 29, 2018 / 6:14 AM / 5 months ago

上海外為市場=人民元が4カ月ぶり安値、心理的節目割り込む

[上海 29日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで急落し、4カ月超ぶりの安値をつけた。基準値が元安水準に設定されたことや幅広いドル高を背景に、心理的な節目とされる水準を割り込んだ。

みずほ銀行(香港)の上級アジア為替ストラテジスト、ケン・チャン氏は「スポット相場は1ドル=6.4元の水準を割り込んだものの、当局は現在の取引レンジに満足しているとのメッセージを送っている」と指摘。元が貿易加重バスケットに対して上昇し、中国の輸出競争力に対する懸念が浮上する中、政府は「元安への転換を喜んでいる」と述べた。

元はドルに対して年初から3月下旬まで4.2%上昇し、6.2418元の高値をつけた。

現在の年初来上昇率は1.5%。

中国人民銀行(中央銀行)は基準値(中間値)を6.4021元に設定した。これは1月22日以来の元安水準で、前日の6.3962元に比べて59ポイント(0.1%)元安の水準となる。

国内スポット市場の元相場は6.4050元で始まり、午前の取引で一時6.4177元まで下落。1月18日以来の安値をつけた。

ドル指数は正午時点で94.346。28日の夜には約6カ月半ぶり高値まで上昇した。

一部のアナリストは、中国の国内要因も元安を招いていると指摘した。

4月の固定資産投資や小売売上高の減速、元安方向への基準値設定が続いていること、中国で社債のデフォルト(債務不履行)が増えていることなどが、一段の元安を示唆しているとみている。

正午時点の元相場は6.4124元。前営業日終盤から155ポイント安、基準値からは0.16%安。

オフショア人民元は正午時点で6.4121元。

みずほのチャン氏は元に一段の下げ圧力がかかり、年内に6.5元まで下落する可能性もあるとみている。

オフショア人民元の1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は6.5225元で、基準値比で1.85%の元安。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below