October 25, 2018 / 6:04 AM / 25 days ago

東南アジア株式・中盤=大半が米株安につれ下落、ホーチミンは一時4%安

[25日 ロイター] - 25日中盤の東南アジア株式市場は、大半が半導体株を中心とした米国市場の下落につれ安となった。

サウジアラビアの外交面での緊張、世界経済の成長ペース減速に対する警戒感、英国の欧州連合(EU)離脱交渉の停滞といったさまざまなマイナス要因から、投資家に動揺が広がった。

ホーチミン市場のVN指数は一時4%下落し、約3カ月ぶりの安値を付けた。0341GMT(日本時間午後0時41分)時点では3.11%安。金融株と不動産株が安く、ベトコムバンクは2.7%安、ビングループは2.3%安。

マニラ市場の主要株価指数PSEiは、金融株と工業株を中心に2.34%安。金融大手BDOユニバンクは3.6%安、SMインベストメンツは2.7%安。

シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数は反落し、0.99%安。カジノ運営のゲンティン・シンガポールは3.3%安、揚子江船業集団は1.7%安。

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは0.79%下落。サイム・ダービーは5.9%安、石油ガスサービスのダイアログ・グループは3.9%安。

バンコク市場のSET指数は1.26%安。全面安の展開で、国営タイ石油会社(PTT)は1%安、サイアム商業銀行は2.2%安。

ジャカルタ市場の総合株価指数は0.13%高。金融株の上昇がその他のセクターの下落を打ち消した。バンク・セントラル・アジアは0.8%高、アストラ・インターナショナルは0.3%安だった。 (アジア株式市場サマリー)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below