October 14, 2019 / 6:33 PM / in a month

欧州株式市場=4日ぶり反落、くすぶる通商懸念で

    [14日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 STOXX欧州600種     389.69    -1.92  -0.49     391.61          
 FTSEユーロファース    1529.44    -6.88  -0.45    1536.32          
 ト300種                                                    
 ユーロSTOXX50種    3556.26   -13.66  -0.38    3569.92  <.STOXX50E
                                                               >
 
    欧州株式市場は4日ぶりに反落して取引を終えた。米中通商協議を
巡る進展具合や英国の欧州連合(EU)離脱交渉を巡る懸念が重しとな
った。
    STOXX欧州600種が0.5%安。ただディフェンシ
ブセクターへの買いや自動車株の上昇を背景に序盤の下げから切り返し
た。
    ブルームバーグがこの日、中国が米国との「第1段階」の通商合意
に署名する前に、10月末ごろに合意を巡る詳細について一段の協議を
持つことを望んでいると報道。またアナリストは世界経済の成長鈍化や
英EU離脱を巡る不透明感が依然として高いと警告している。[nL3N26Z
34Z]
    バンク・オブ・メリルリンチはノートで「最近の動向が米中関係の
構造的変化を表しているかどうかを判断するにはより多くの情報が必要
だ。双方に十分有益な合意が実現可能なのかが依然として疑問」とした
。
    中国経済を巡る懸念を示すSTOXX欧州600種資源株指数<.SX
PP>は2.5%安。銀行株指数は域内債券利回りの低下を受け0
.8%安。
    一方、自動車・部品株指数は0.3%高。不動産株指数<.S
X86P>や公益事業株指数、食品・飲料株指数などディフ
ェンシブセクターは序盤の下げを縮小した。
    個別銘柄では、製薬のロシュとノバルティスがそ
れぞれ0.4%安と0.8%安。米国がスイスの医薬品に対する関税を
検討しているとの報道を受けた。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below