Reuters logo
ソウル株式市場・中盤=4日続落、米国の鉄鋼関税報道が重し
2017年9月22日 / 04:04 / 1ヶ月後

ソウル株式市場・中盤=4日続落、米国の鉄鋼関税報道が重し

    [ソウル 22日 ロイター] - 
    
 韓国              日本時間12時5    前日比      %      始値
                             7分                    
 総合株価指数<.KS       2,390.36   - 16.14  - 0.67  2,404.35
 11>                                                
 前営業日終値           2,406.50                            
 
    
    午前のソウル株式市場の株価は4日続落。米国株安に加え、米国が
韓国製鉄鋼に関税を課すとの報道を受けた鉄鋼株の下落が相場の重しに
なっている。
    北朝鮮の李容浩外相はトランプ米大統領の国連演説を非難し、太平
洋上で過去最大級の水爆実験を行う可能性を警告。ただ、この発言は市
場にほとんど影響しなかった。
    総合株価指数(KOSPI)       は0221GMT(日本時間
午前11時21分)時点で、0.4%安の2395.60。
    富国証券アナリスト、キム・スンファン氏は「きょうのKOPSI
は北朝鮮問題より、前夜の米国株の下落に大きく影響されている」と指
摘した。
    海外投資家も北朝鮮が新たに強硬姿勢を示したことに無関心の様子
で、取引半ばまでの売り越しは50億ウォン(約441万ドル)と比較
的少なかった。
    地場鉄鋼メーカー株の急落は総合株価指数を圧迫しており、ポスコ
は約4%安。鉄鋼株指数は、米国の関税をめぐる報
道を受けて一時3.7%安まで下落した。
    値下がり銘柄672に対して、値上がり銘柄は155。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below