Reuters logo
上海外為市場=約4週間ぶり安値、ドル需要高まる
2017年9月25日 / 05:38 / 3ヶ月前

上海外為市場=約4週間ぶり安値、ドル需要高まる

[上海 25日 ロイター] - 上海外国為替市場の人民元相場は対ドルで小幅安。心理的に重要な節目となる1ドル=6.6元台に下落し、ほぼ4週間ぶり安値を付けた。

人民元は先週、対ドルで0.6%安。2週連続での下落となった。

中国人民銀行(中央銀行)は、25日の取引開始前に人民元の対ドル基準値(中間値)を6.5945元と、8月31日以来の元安水準に設定した。22日の基準値(6.5861元)と比べて84ポイント(0.13%)の元安で、トレーダーによると市場予想と概ね一致した。

スポット市場の人民元は6.5974元で取引を開始し、序盤の取引で一時6.6098元と、8月29日以来の安値を付けた。中盤時点では6.6022元と、前営業日終値比で132ポイントの元安、基準値比で0.12%の元安水準。

25日はドルの需要が高まり、10月1日からの連休を前に企業と個人がドルに買いを入れた。

オフショア市場の人民元は1ドル=6.5957元と、オンショアの水準に比べて0.10%の元高。

オフショアの1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF)は1ドル=6.737元で、基準値に比べて2.12%の元安で推移している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below