February 21, 2018 / 9:12 AM / 3 months ago

インド株式市場・中盤=4日ぶり反発、IT株主導

    [21日 ロイター] - 
 インド                  日本時間17時26分       前日比        %         始値
 SENSEX指数<.BSES          33,806.68    + 103.09    + 0.31    33,813.83
 N>                                                               
 前営業日終値                    33,703.59                                   
                         日本時間17時41分       前日比        %         始値
 NSE指数                      10,389.20     + 28.80    + 0.28    10,426.00
 前営業日終値                    10,360.40                                   
 
    21日中盤のインド株式市場の株価は4営業日ぶりに反発。IT業界団体が慎重なが
らも楽観的な業績見通しを示したことを受け、IT株が続伸している。
    IT業界団体の全国ソフトウエア・サービス企業協会は20日、今年度(2018年
4月─19年3月)のソフトウエアサービス業の輸出売上高について、為替変動の影響を
除いたベースで7─9%増加するとの見通しを示した。
    ニフティIT株指数は2%高。テック・マヒンドラは約4%高
、HCLテクノロジーズは3%高。
    タスマック・グローバルエデュケーションのコーポレートソリューションズ部門責任
者は「IT株とITCはこの水準で市場に安定をもたらした。きょうの株価はレンジ内の
動きが続くかもしれない」と語った。
    0622GMT(現地時間午前11時52分、日本時間午後3時22分)時点でNS
E指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.24%高の1万038
5.20。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成
)は0.35%高の3万3822.50。
    上昇率上位の銘柄では、たばこを中心に複数の事業を手掛けるITCが3営
業日続落後に反発し、一時1.4%高。
    先週はパンジャブ・ナショナル銀行(PNB)の不正行為が明らかになり
銀行業界を揺るがしたが、きょうも国有銀行株の売りが続いた。ニフティPSU銀行株指
数は1%近く下落。先週14日以降10%下げている。
    前日に5日ぶりに反発したPNB株は0.5%安。過去1週間で28%近く下落した
。
    製薬株も値下がりし、ニフティ製薬株指数は3%近く下落。サン・ファー
マシューティカル・インダストリーズは一時8.6%急落した。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below