December 27, 2019 / 5:14 AM / 7 months ago

インド株式市場・中盤=4日ぶり反発、国営銀行株が高い

    [ベンガルール 27日 ロイター] - 
    
 インド             日本時間13時56    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<      41,339.58   + 175.82   + 0.43  41,297.08
 .BSESN>                                                        
 前営業日終値           41,163.76                               
                    日本時間13時56    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数             12,178.85    + 52.30   + 0.43  12,172.90
                                                                
 前営業日終値           12,126.55                               
 
    
    27日午前のインド株式市場の株価は、4日ぶりに反発。国営銀行株の上昇や、米中
貿易合意の署名が近いとの見方でアジア各地の市場に広がる強気の地合いが相場を押し上
げている。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0415GMT(
インド現地時間午前9時45分、日本時間午後1時15分)時点で、0.45%高の1万
2180.90。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所に上場する30銘柄で
構成)は、0.43%高の4万1341.62。
    インド準備銀行(中央銀行、RBI)は、国債の買い入れと売却を同時に行う特別公
開市場操作を新たに実施すると発表。これが材料視され、国有銀行株が上昇している。国
有銀行株で構成されるニフティPSU銀行株指数は2.68%高で、上昇率
がここ2週間で最大となる見込み。
    同銀行株指数を構成する12行のうち、アラーハーバード銀行は8.2%高と、上昇
率が最大。資産ベースで国内銀行最大手のステート・バンク・オブ・インディア(SBI
)は2%高。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below