for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ホットストック:石油関連が軟調、原油先物は4%超下落

[東京 6日 ロイター] - 石油関連株が軟調に推移している。INPEXが2%超安、石油資源開発が1%超安での推移となっているほか、コスモエネルギーホールディングス、ENEOSホールディングス、出光興産もさえない。5日の取引で原油先物相場が4%超の下落となったことが嫌気されている。

原油供給増見通しに加え、米国で新型コロナウイルス感染状況が再び悪化し、景気回復を脅かす恐れがあるとの懸念が圧迫した。清算値は、北海ブレント先物6月限が2.71ドル(4.2%)安の1バレル=62.15ドル。米WTI先物も2.80ドル(4.6%)安の58.65ドルとなった。

市場では「米国株式市場ではほぼ全業種が値上がりとなるなか、エネルギーだけが値下がり。東京株式市場でも原油安を素直に反映した相場展開となっている」(国内証券)との声が出ていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up